Wednesday, September 12, 2012

[iPhone Speater] 映画、ビデオの字幕を区間リピートでディクテーション


映画、ビデオの字幕を区間リピートでディクテーション

 区間リピートオハクギスピト(Speater - Smart Repeater)





 まず、ファイル共有(あるいはiTunesの)で映画やビデオをダウンロードされた後、実行します。
他の記事と重複したりするが、じわじわ説明いたします。

ここでは、カンフーパンダに説明いたします。動画を実行します。





自動区間リピートを実行して、字幕を無限に繰り返します。



このとき、右下のアスタリスクを選択します。


Add Bookmarkを選択します。


以下のようにtext boxが表示されます。



現在区間リピート中なので聞きながら受けて書き込みを行うことができます。
(ただし区間リピートがモードがない場合は、再生を一時停止します。)
このとき字幕がキーボードに隠されていカンニングがないという利点もあります。

完了後Okayで完成します。



もし受けて書いた内容を変更したい場合や、移動したいとき、Goto Bookmarkを選択します。
 


先ほど入力した文章が保存されています。


上記の操作を繰り返すと、次のような形で表示されます。
 トップタブは3つの方法があるが、削除(Delete)、変更(Edit)、移動(Goto)には、defaultは移動です。
リストのいずれかを選択すると、すぐにその場所に移動します。





もし文章を修正することを望む選択]タブで、"Edit"を選択し、文章を選択すると、文章を修正することができます。








電車やバスなどの長距離移動の際、この機能を活用すれば、それなり良さそうです。
[ソース]スピト

Wednesday, August 22, 2012

スピト(Speater - Smart Repeater)


[iPhone] 区間リピート語学 App  Speater (Smart Repeater)


スピト(Speater - Smart Repeater)


(広報期間なので割引イベント中です〜)



語学やリスニングの勉強をするときに、ポップソングを聞いたときに、ちょうど過ぎ去った部分をもう一度聞いてみたいと思うとき、


 すぐ前の部分に移動しにくいです。




Speaterは移動先をスマートに尋ねるようにします。

自動的に音声を分析し、段落に分けました


iPhoneに保存されているiPod、PodCast、Movie両方を使用することができますよ!


Speaterを見た瞬間から、Speaterはあなたの最も親しい友人になると思います。



簡単に機能を見てみると


1。 iPhoneがサポートするオーディオ/ビデオファイルの再生が可能


2。音声波形のインタフェース

波形にスクロールして移動

repeatの部分


3。 repeater機能

- 既存のAB設定

- 自動的に段落を分けてくれるauto repeat機能

- 字幕単位で繰り返し機能


4。 iPod

- iPodに保存した音楽そのまま使用可能

- PodCast、iTunes U、Moviesサポート


5。ファイル共有(File Sharing)
  iTunesのファイル共有機能をサポート


6。その他

- Subtitle File(srt、smi)をサポート

- Gesture機能をサポート(swipe up/ down/ left/ right and single/ double tap

- background playサポート

- bookmarkサポート

- Speed​​の調整(x0.5 - x3.0)


7。 iOS4.3以降可能ですが、5.0以上を推奨します。



Gestureの動作

Gestureの動作



[iPhone] 区間リピート語学 App  Speater (Smart Repeater)




Speaterは以下のジェスチャーの動作をサポートします。

- シングルタップ(Single Tap):Hide/ Show menu(default)
- ダブルタップ(Double Tap):Change screen size(default)
- 残摩擦(Swipe Left):Auto find backward(default)
- 右ににじみ(Swipe Right):Auto find forward(default)
- 上摩擦(Swipe Up):None(default)
- 下ににじみ(Swipe Down):Auto find Current(default)

それぞれの動作はメニューから役割を変更することができます。





ファイル共有のフォルダを作成

ファイル共有のフォルダを作成


[iPhone] 区間リピート語学 App  Speater (Smart Repeater)



1。ファイル共有でファイルをダウンロードする前に、次のように空になります。



2。ファイル共有、次のようにファイルが表示されます。



3。新しいフォルダなどを作成するために、下の図のようにスクリーンを下に引っ張るとツールバーが出てきます。


 4。 ""ボタンを押して新規フォルダを作成します。ここでは、musicフォルダを作成する。


5。下記のようにmusicフォルダが生成されるが見ることができます。


6。 "Edit"ボタンをクリックしてファイルをmusicフォルダに移動させてみましょう。


7。移動したいファイルを選択します。


7。下の中央に移動ボタンを押すと、下記のように"Move"するかどうかを確認]ボタンが表示されます。


8。確認したら、移動先のフォルダを以下のように選択することができます。


9。最終的に次のように確認メッセージが出ます。


10。ファイルがmusicフォルダへ移動されたことがわかります。




11。 musicフォルダに入って実行します。


 12。フォルダはフォルダの中でも作成可能で、本数も自由に作成可能で、フォルダ自体を移動することもできます。ただしフォルダを削除するには、内部のファイルをすべて削除してから削除できます。

自動リピートを設定する(TOEICなど語学勉強でスピト活用)

自動リピートを設定する(TOEICなど語学勉強でスピト活用)


[iPhone] 区間リピート語学 App  Speater (Smart Repeater)

スピトをオハクヨンに使用するときは、スピーカーの驚くべき能力に魅了されるでしょう。



例を挙げて説明します。

次のようにオハクヨンmp3ファイルを再生します。







現在の位置は、 "Number 1、look at the picture mark number 1 in your test book"です。

次の内容は、 "A. She is reading some documents"
その次は、 "B.〜〜〜"
その次は、 "C.〜〜〜"
このように文章が構成されており、スピトも文章をそれなりに分けています。

もちろん、完全に文を分割することはできませんが、ほとんどの場合、よく分けています。

機能的に、文単位で移動させたいときは、下三つのボタンに移動します。

ㅇㅇ   前の文の先頭に移動




現在の文の先頭に移動


次の文の先頭に移動

文単位の区間リピートを設定するには、以下のAuto Repeatボタンを押します。 Onの場合、以下のように青い色に変わります。

 Auto Repeat現在の文をリピートする



 Auto Repeat Onをすると、以下のように文章青い色に変わり、簡単に知ることができます。
 再生すると、現在の文章が無限に繰り返されます。



Auto Repeatに区間リピート中に、
Auto-Find Currentを押すと、現在の文の先頭に移動して、
Auto-Find Backwardを押すと、前の文では、最初に移動し、
Auto-Find Forwardをクリックすると、次の文章で最初に移動して区間リピートされます。



このとき、環境設定で有用な設定値があります。
下Smart Auto Repeater項目です。



最初に、Waiting Timeです。
defaultで0秒なのに、この設定値の意味は、文章を再生して再起動したときwaiting timeだけ休みという意味です。
もし2秒に設定すれば、文章を再生して2秒休んで再び再生を開始します。
文章を聞いて考える時間が必要かディクテーションするために時間が必要なときに便利です。
(参考までに、手動で設定するRepeat ABもwaiting timeだけ休んで再生します)


第二に、Auto Find Intervalという設定値があります。
文章のおおよその長さを設定する値で、3秒defaultのに、もし10秒20秒などにすると文章の移動ではなく、段落の移動段落移動まあこんな設定がされます。 1、2秒単位は文ではなく、単語の移動その意味でしょう?

そして、Axis Maxは、音声波形グラフの単位を変えてくれる、AutoFind Intervalを長くしたときのグラフがよく見えないので、Axis Maxも一緒に長くしています。


Auto Find Interval 5秒変えました。


違いが見えんですか?
区間リピートされる文章の長さが増えたことを知ることができます。
ユーザーの必要に応じて文の長さを設定したと思えば良いです。


上記の自動リピート設定は音楽、動画、iTunes U、PodCastも同じように設定できます。


簡単に見える機能だが、幾多の試行錯誤で誕生したスピトだけの独創的な機能です。



手動でAB区間設定する




[iPhone] 区間リピート語学 App  Speater (Smart Repeater)


繰り返し区間ABを設定するためにRepeatAB buttonを利用するのに、

このボタンは、3つのモードで構成されます。
    1。 Offモード
    2。 Aモード
    3。 ABモード
ABモードの場合、プレーヤーはAとBの間を繰り返します。



そのため、AとBを手動で設定するための方法は、大きく3つの方法があります。



1。ボタン方式

  下の図ではABが書かれたアイコンを時間に合わせて押します。
  最も身近な方法です。








2。波形を見ながら設定する

    1回方式は精密に設定することが困難です。だからスピトはより便利で高精度な方法を提供します。

    a)下の図の灰色の波形グラフの中で、指をタッチした後、下に引くと青い色A barが表示されます。
    b)押した状態で左右にスクロールして目的の位置に移動します。
    c)任意の場所で指を離すとAの位置が設定されます。
    d)のような方法で一度も指タッチした後、以下に引くとB barが表示されます。
    e)目的の場所に移動後、指を離すとABの位置が設定されました。
      
(ABの設定がされた後は、指タッチと近い位置に設定される。)



 
                         (a)                                                    (b)


                    (c)                                                        (d)


              (e)



3。二本の指に設定する
   
    - 二本の指で押した場合ABが一度に設定されます。